事務の派遣も社会貢献になっている。

「どこの会社でもそうらしいけど、いま優秀な社員がいないんだって。

だからね、事務の派遣とか、事務の公募なんかがスゴク増えてるらしいよ。

事務の公募にしても事務の派遣にしても、企業の台所事情は同じようなものだろうけど、事務の派遣といっても幅が広いからたいへんだね。」

「そんなこともないでしょう。

いま派遣会社から派遣される事務の仕事でいちばん多いのはやっぱり経理関係みたいよ。

何年かして企業サイドで買い取るってケースが増えてるみたいよ。

優秀だったら派遣社員だって将来的にその企業が買い取ってくれるんだって。

企業にマッチして効率をあげてくれる事務のスキルがあったら、派遣の会社と交渉して事務職の買取なんてことがあるらしいの。」

「事務職を買い取るって、ソレ、人身売買じゃないの?」

「馬鹿ねえ、どこだって適正にやっている取引でしょう。

ヘッドハンティングだって、お金で引き抜いて売値をつけて企業に紹介するんだから、事務の派遣とか買取だって同じことよ。

事務の派遣だけじゃなくて、執行役員や専務の派遣だって、これからは主流になるかも知れないわよ。

中小企業には跡取りがいなくて廃業を決めている企業がたくさんあって、ソレって日本経済とか技能者の莫大な損失になるって~。」

「会社もグローバルな時代だから派遣に求められる事務のスキルといっても、昔とはワケが違うね。

国際基準の会計処理が義務づけられるようになってだいぶになるけど、いま財務ソフトなんかも国際基準だもんね。

事務職のレベル次第で、“モノづくりニッポン”の衰退につながるって言っる専門家もいるからね。

そういう意味では事務の派遣も、日本の未来に貢献してるんだな。」

Welcome , today is 土曜日, 2016年10月1日